学生 キャッシング 審査

学生キャッシングの審査条件

学生がキャッシングする時の借入審査条件

学生(大学生や専門学生など)でも満20歳以上で一定の収入があれば、ほとんどの人が消費者金融機関でキャッシングを受ける事が出来ます。

 

審査では、申請者は属性を振り分けられます。属性は、年齢や健康保険証の種類・収入・勤続年数・居住形態・居住年数によって高低が決まります。
キャッシング借入審査条件|大学生キャッシング.net
社会保険や共済保険に入っている人は属性が高くなります。また、国民健康保険は無職の人でも加入する事が出来る為、属性は低くなります。

 

属性が高いほど限度額が高くなり、属性が低いほど限度額が低くなります。

 

給与明細・源泉徴収・納税証明書

50万円以上の融資になると給与明細・源泉徴収・納税証明書のいずれかが必要になります。

 

キャッシングの申請には免許証や保険証、パスポートなどの身分を証明するものが必要ですが、住民票は誰でも手に入れる事が出来る為、本人確認書類にはなりませんので注意しましょう。そして、学生といえば学生証ですが、これは正式な身分証明書としては機能しませんので、お金を借りる際に、大学や専門学校の学生証を提示しても審査に通る可能性はないので気をつけてください。

 

固定電話か携帯電話

もう一つ、固定電話か携帯電話を持っている必要があります。こちらは最低条件となっています。
学生でも携帯電話は持っているでしょう。

 

利用限度額が高くなる、低くなるにはもう1つの理由がある

カードローンでお金借りる時、その上限の借入可能額を「借入限度額」と言いますが、この金額が属性により左右されることは既に説明した通りです。

 

それでもこの借入限度額は属性だけで決まる訳ではないのです。借入限度額の決定にはもう1つ理由があって、年収の1/3までの金額までしか借り入れできないということがあります。

 

これは消費者金融や学生ローンなどで適用される総量規制という法律によるものであり、消費者金融では500万円、学生ローンでは50万円が利用限度額となっている場合が多いですが、実際にキャッシング可能となる借入限度額は年収に応じた金額となってしまいます。

 

そのためこの金額を超える希望額では審査が通らない可能性がとても高いので、自分はいくらまで借入可能かということを把握しておく必要があるのです。

 

学生はいくらまで借入れが可能になるの?

学生であることから実際に借り入れできる金額は少ないのではないかと心配する人も多いと思います。

 

確かに学生という属性のために社会人よりも借入限度額が少なくなってしまうことは事実としてあるんです。それでも年収だけで考えるならば、総量規制で決められている年収に対して1/3以下という金額が大まかな目安と言えるでしょう。

 

借入限度額は審査の時に決まるのですが、予め自分でその目安となる金額を計算しておくと良いですね。
参考のためにアルバイトの年間収入が100万円という学生の例を以下で紹介しておきます。

  • 初めてキャッシングする場合:100万円×1/3=約33万円
  • 既に他の消費者金融で20万円の借り入れがある場合:33万円-20万円=13万円

このような計算となりますので、借り入れが可能になる上限額の目安として考えておいてください。

 

給与明細・源泉徴収・納税証明書

利用額が50万円を超えなくても収入証明書が必要な場合も

申し込みのカードローンサービスで50万円を超える場合には給与明細書などの収入を証明する書類の提示が必要になります。

 

ただし例え5万円の借り入れでも収入を証明する書類が必要になる場合もあるのです。

 

利用の金額が50万円を超えなくてもこのような書類の提出が必要になるのは、他の消費者金融での借入残高との合計額が100万円を超える場合となります。

 

貸金業法で定められている収入証明書の提出は、一度に50万円を超えるお金を借りる時だけでなく、既に借入れ中の他のカードローン残高とも合算されるため、注意が必要です。

 

この場合、申し込みのフォームで他社借入の項目に嘘の入力をしてもバレないだろうと思うかも知れませんが、信用情報を調査する際に借入総額はすぐにバレてしまうので、申し込みには事実だけを申告する必要があります。

 

固定電話か携帯電話

携帯電話より固定電話がある方が審査で有利に

カードローン審査で判断される大半のことは、申し込みのフォームに入力される内容が元となります。
申し込みのフォームでは、学生だけでなく誰であっても連絡先を通知することが必要になるのです。

 

申し込みのフォームに入力する連絡先については、以下のようになります。

  • メールアドレス
  • 携帯電話の番号
  • 固定電話の番号

このうちメールアドレスはどこのカードローンでも入力が必須となっていますが、電話番号については携帯・固定のうちどちらかの選択が可能になっているのが普通です。

 

そのため、固定電話がなくても携帯電話を持っている学生なら申し込みに支障はありません。

 

それでも中には固定電話の有無を聞かれるキャッシングサービスもあり、その場合には固定電話がある人の方が番号を持っていない人よりも属性が良くなり有利と言えるのです。

 

正社員でなくてもキャッシングの借入審査に申し込むことはできます

今では、アルバイトやパートなど正社員でなくてもキャッシングする事が出来ます。

 

収入が無い専業主婦でも、配偶者であるご主人に一定の収入があればキャッシングする事が出来るのです。
キャッシングの限度額は、収入によって違ってきます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ